• 散骨を希望している人へ

    今注目されている散骨は、お墓を継承する人がいない場合や、自然に還りたいと思う人、リーズナブルにすませたいという人に選ばれている葬送です。


    ただ、漠然と費用を抑えることができるということはわかっていても、どのくらいの費用が必要なのかを把握している人は少ないのではないでしょうか。



    散骨をするにあたって、代表的な方法に、海洋散骨と樹木葬があります。樹木葬は、遺骨を地中に埋めて、その上に樹木を植えていくことで、墓標とする方法で、遺骨をそのまま埋める場合には、埋葬となりますが、細かく砕いた遺骨を撒く場合には、散骨の一部とされます。
    樹木葬の場合には、合同墓なのか、個人で利用するのかによって費用が変わりますが、相場は10〜80万円となっています。

    話題の最新ビジネスジャーナルに有益な情報の紹介です。

    一方、もっとも人気のある方法が買いよう散骨で、粉砕した遺骨を海に撒くという方法で、業者に依頼する場合と、個人で行う場合があります。

    業者に依頼した場合、粉砕費用や船のチャーター代などを入れて、20万円程度かかります。



    業者が代理で遺骨を撒く場合は、5万円前後で行うことができ、墓石を作っての埋葬の相場に比べて、かなり費用を抑えることができるというメリットがあります。
    日本の法律では、遺骨を撒くことについての法律はありませんから、個人で行うことも可能です。ただ、周囲に迷惑をかけないようにするなどのマナーがあり、遺骨をパウダー状になるまで細かく砕いたり、撒く場所を考える必要があります。